トラのどたばた日記 いろんなところで活動中。   どたばたトラは今日も走り回ってます
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
昨日のことをつらつらと
2013-05-11 Sat 13:19
大変ご無沙汰しております

昨日は諫早市内で2~30代の元気な人達が「諫早のみらいを考える」という
僕にしてみたら珍しく真面目!?なイベントに参加させて頂きました。


以下備忘録も兼ねて

日時:2013年5月10日19:00~
場所:ニュートラル+

タイトル「いさはやみらいプロジェクト000」
参加者:15人ぐらい
というわけで、まずなぜこんなイベントに参加させていただいたかというと、

このイベントの主催者は現在諫早青年会議所のメンバーであり、
かつて私が企画した演劇イベント「アラン・スミシー」に出演いただいた徳田さんにお誘いいただけたからでした。

さて、このイベントの中身ですが、ゲストの中川悠さんという方のトークから始まったのですが、
まずはこの中川さんのプロフィール

◆中川悠(なかがわ・はるか)さん
◆講談社のKANSAI1という雑誌の元編集者でアートギャラリーの運営経験を元に
 現在はNPO法人キュラキューブの代表を努め
 クリエイターの支援や障害者支援、過疎化の街の支援などをしているそうです。
 だいぶ端折ったので参考までにURLはこちら→http://chura-cube.com/

この中川さんは関西のご出身ということで、関西弁というか関西なまりの心地良いおしゃべりで
とても楽しくお話を聞かせて頂きました。

ゲストトークの内容は書きだすときりがないので気になったキーワードだけ

◇モノゴトにおける共通する課題は おもしろいアウトプット を考える人が不足している

もちろん他にも参考になるお話や活動事例などを紹介していただいたので、
これからの自分の糧にさせていただこうと思います。

さて、そのあとは参加者全員で「ワールドカフェ」というディスカッションのようなゲームのような
そんなことを体験しました。

どんなことをしたのかというと、3つのテーブルにわかれてそれぞれのテーブルにあるテーマを元に話し合い、
一定時間がたったら別のテーブルに移動しまたそのテーブルのテーマについて話し合う。
2つ目以降のテーブルからはその前のテーブルで話したことを参考にしながら議論を発展させる。

というもの。といっても多分他の説明があるのでこれも丁寧な説明がされているリンクを見つけたので
こちらで補足してください→http://world-cafe.net/about-wc.html

今回は初めて集まった人たちということと、時間も短めで、進んだ話には発展しなかったのですが、
とにかくみんな諫早が好きで、なんとか変えていきたい!そんな気持ちがあふれた時間でした。

その後の懇親会でも、様々な分野の人達のお話も聞けて、これからが楽しみな時間でした。
スポンサーサイト
別窓 | 自分日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<突然の来襲者 | トラのどたばた日記 | 発芽一番乗り>>
この記事のコメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| トラのどたばた日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。